中央会からのお知らせ

2012年05月01日

【有害物質を取り扱う事業者の皆様へ】「水質汚濁防止法改正」のお知らせ 《京都府》

 地下水汚染の未然防止を目的として水質汚濁防止法が一部改正され、平成24年6月1日から施行されますので、お知らせします。

■改正の概要:
(1)有害物質貯蔵指定施設等の届出が義務化されます。既に有害物質貯蔵指定施設等を設置している事業者の方も使用届出書等を 京都府又は京都市への提出が必要です。
 ・提出日:平成24年6月1日~6月29日まで
 ・届出先:所在地により届出先が異なります。HPでご確認ください。

(2)構造等に関する基準遵守義務が創設されました。
 定められた構造等に関する基準を遵守しなければなりません。なお、既存施設は法施行後3年間適用が猶予されます。

(3)定期点検の義務が創設されました。
 施設の定期点検を実施、その結果を記録し、3年間保存しなければなりません。(この義務は、新設施設・既存施設に関わらず、法施行日から適用されます。)

■詳細は、以下サイトをご覧下さい。
http://www.pref.kyoto.jp/suishitu/chikasuiosen.mizenbousitaisaku.html

■問合せ先:京都府環境管理課 水質担当(TEL:075-414-4711)