中央会からのお知らせ

2012年05月18日

「中小企業憲章」研修交流会について 京都府中央会

 「中小企業は、経済を牽引する力であり、社会の主役である。常に時代の先駆けとして積極果敢に挑戦を続け、多くの難局に遭っても、これを乗り越えてきた」
 これは、2010年6月に閣議決定された「中小企業憲章」の冒頭の文章です。中小企業が「社会の主役」という位置付けのもとで、今後の諸政策が実現されることが求められるとともに、中小企業がその期待に応えるよう努力することも必要です。
 今回の研修交流会は、「中小企業憲章」の意義と内容を理解し、中小企業の社会性を自覚した経営の強化・促進をはかり、地域経済の振興を担う企業づくりをすすめる機会にしたいと存じます。皆さまお誘い合わせてご参加ください。

■開催日:平成24年6月19日(火) 午後2時~5時
    (閉会後に名刺交換会を予定しています)

■開催場所:京都府中小企業会館 8階 802会議室
     (京都市右京区西大路五条下ル)

■お問合せ:京都府中小企業団体中央会 (Tel:075-314-7131)

■詳細は、以下サイトをご覧下さい。
http://www.chuokai-kyoto.or.jp/whatsnew/20120619kennsyo.pdf