中央会からのお知らせ

2012年11月22日

特別講演「貿易円滑化とWCO(世界税関機構)~ WCO京都会合に寄せて~」 /京都大学経営管理大学院

 本年12月に世界税関機構(WCO)の政策全般を検討する重要な会議である政策委員会が京都で開催されます。税関手続の簡素化、調和等による貿易の円滑化を通じた経済成長への貢献(注)、テロ・国際組織犯罪や不正取引等といった国際的な課題に果たす税関の役割を検討する場となります。
 経営管理大学院では、この機会に、WCO事務総局長の御厨邦雄氏を招いて講演会を開催することとなりました。御厨氏は、国際経験が豊かで、税関・貿易分野のみならず、国際経済、金融、財政においても広範な経験を有しておられます。 国際機関のトップを務める数少ない日本人のお一人でもあります。国際課題と税関、京都規約の意義、さらには国際機関で働くということやそこで働くグローバル人材像といったことも御厨氏の貴重なご経験からお話をいただきます。

(注)税関手続の簡素化、調和のための国際条約「京都規約」は1973年に京都で開催されたWCO総会において採択され、来年40周年を迎えます。

■開催日時:平成24年12月5日(水) 16:00~17:30

■開催場所:法経済学部本館 3階東側 法経第二教室
      ※詳しくは下記URLをご確認ください。       

■講演者:世界税関機構 事務総局長 御厨 邦雄 氏

■対象:どなたでも参加できます。

■参加費:無料

■お問合せ・お申込み:
京都大学 経営管理大学院 大学院掛(kyoumu@gsm.kyoto-u.ac.jp

■お申込方法ほか、詳細は以下サイトをご覧下さい。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news4/2012/121205_1.htm