中央会からのお知らせ

2014年02月27日

BCP(事業継続計画)策定支援セミナーのご案内

 東日本大震災(平成23年3月11日発生)において、中小企業の多くが、
貴重な人材を失ったり、設備を失ったことで、廃業に追い込まれ、被災の影響
が少なかった企業においても、復旧が遅れ自社の製品・サービスが供給できず
その結果顧客が離れ、事業を縮小し従業員を解雇しなければならないケースも
見受けられました。また、昨年9月の台風18号では由良川と桂川流域の浸水
被害など、このように緊急事態はいつ発生するかわかりません。BCPとは、
こうした緊急事態への備えのことをいいます。
 BCPの策定・運用、すなわち事業継続への取組は、特別なものではありま
せん。緊急時の対応力が鍛えられることに加え、自社の経営の実態(在庫管理
の実態、顧客管理の実態等)が把握でき、こうした日々の経営管理を再確認
することに繋がります。また、BCPの策定・運用により、防災に係る融資や
保険の優遇が受けられる場合もある他、取引先や社外からの信用が高まり中長
期的な業績向上も期待できます。
 ご多忙のことと存じますが、是非ご参加下さい。

■開催日時:平成26年3月28日(金) 10:00~12:00

■開催場所:ホテルグランヴィア京都 5階 古今の間

■テーマ:『最悪の被災シナリオと企業のBCP』
              
■講師:関西大学 教授 河田惠昭 氏

■参加費:無料(定員300人)

■申込締切:平成26年3月20日(木)

■お問合せ先:京都府中小企業団体中央会 連携支援課 鈴木・大槻
       (TEL:075-314-7132)

■お申込書の取得他、詳しくは下記ホームページをご確認ください。
 http://www.chuokai-kyoto.or.jp/whatsnew/20140227bcp.pdf