京都青年中央会
京都青年中央会は京都府内の青年部が加盟する青年経営者組織で、中小企業の発展のため、輝ける京都の未来のため活動しています。

 

飾り罫

第18期 京都青年中央会 基本方針

第18期会長 岡野恵美
第18期会長 岡野恵美

第18期 テーマ 『 共同戦線~逆境からの再スタート~ 』

 日本企業を取り巻く環境は、海外経済の不透明感はあるものの、雇用・所得環境の改善が続くなか、企業の業況も改善をみせ、生産面を中心に緩やかな回復基調が続いています。
 また、世界的に進みつつあるIOT・AI・ロボットに代表される第4次産業革命は、技術革新はもちろん、人々の働き方変革などライフスタイルをも大きく変えようとしており、この時流に乗って生産性を飛躍的に高めることで、日本経済の潜在成長力を強化し、国民の生活を豊かにしていくための政策が推し進められているところです。
 しかし、我々、中小企業は我が国の経済の原動力として大きな役割を担っているものの、事業規模が小さいため、資金調達や情報の収集力、人材確保・育成が脆弱であり、近代化や合理化に立ち遅れ、様々な面で不利な立場に置かれるなど多くの課題を抱えています。
 特に、技術革新・情報化の急速な進展、産業の空洞化、また環境や労働問題への対応等、次々と新しい課題が山積みとなっているのが現状ではないでしょうか。
 翻って、組合並びに青年部においても活動の停滞や会員の減少など、その存在意義が問われる状況となっており、大きな変革が求められていると考えています。
 そこで、本年度も「共同戦線~逆境からの再スタート~」をテーマに、京都府内最大の異業種団体である京都青年中央会だからこそ出来る「あきない事業」の展開をはじめ、会員の皆様それぞれに、青年部そして「京都青年中央会会員」であるという意識と自覚を持っていただき、積極的な会員交流・福利厚生への参加、CAPサミットでの議論、各個人の資質向上の為の講習会等に積極的に参加いただき、京都青年中央会と会員青年部及び構成員が団結し、今何が出来るのかを共に考え、共に成長出来るよう、今後の組合青年部の発展にも繋がるビジョンを立て事業を展開して行く所存でございます。
皆様におかれましては、本年度もご支援、ご協力賜ります様、宜しくお願い申し上げます。

第18期 京都青年中央会 事業方針

 本会は、中小企業の次代を担う青年幹部の育成と青年部の組織化並びにその自主的な活動を促進するとともに京都府中小企業団体中央会と連携し、会員の支援と相互の連携を強め、中小企業の振興発展とよりよい社会の実現に寄与することを目的とし、次の事業を開催する。
① 組合青年部の組織化と育成のための事業
② 会員のための教育、研修事業
③ 中小企業及び組合に関する調査・研究及び情報提供事業
④ 会員相互の交流と親睦のための事業
⑤ 地域社会との融和と協調のための事業
⑥ 中小企業の振興に必要な建議・陳情
⑦ 会員のための福利厚生事業
⑧ その他、上記に付帯する事業