メルマガ配信サービス

中央会広報KCインフォメーション(メールマガジン)配信サービス◎購読料無料!!

中小企業及び中小企業組合の皆様に、中央会からのお知らせや施策情報・府内倒産速報・月次景況報告など、様々な情報を提供するため、メールマガジン『KCインフォメーション』を月3回(10日・20日・末日)送信しています。
御購読を希望されます場合は、登録ボタンをクリックし、空メールをお送りください。メールマガジン会員登録完了の案内が届きます。

KCインフォメーション No.480

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
京都府中小企業団体中央会メールマガジン
KCインフォメーション No.480 2018/08/20

        ┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
         中小企業者のためのポータルサイト!!
            www.chuokai-kyoto.or.jp
        ┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 中央会では、「夏のエコ・アクション」に取り組んでいます。

 本会では、省エネ・節電行動を徹底するため「夏のエコ・アクション」に
取り組んでいます。
 本期間中は軽装勤務と致しております。事務局役職員が軽装のままご対応
させていただくことがございますが、ご理解いただきますようお願い申し上
げます。
 
 【実施期間】平成30年9月30日(日)まで

================【目次】===============

◎京都府中央会からのお知らせ
(1)就労・奨学金返済一体型支援事業補助金のご案内
   ~従業員の奨学金返済支援を行う中小企業を応援します~

◎中小企業団体情報連絡員報告(平成30年7月度)
(2)京都府の景況 ~今後の動向に注視が必要~

◎関係機関等からのお知らせ
(3)「京都商店街創生フォーラム2018」の開催について
    -商店街の新たな動きを知り、商店街をテーマにつながる機会-
                               《京都府》

(4)「京商フューチャーセッション 第1回 スタートアップ」
   の開催について                 《京都商工会議所》

(5)「第10回知恵ビジネスプランコンテスト」公募要項公開のお知らせ
    ~ 知恵をカタチに 顧客創造! ~       《京都商工会議所》


================【本編】===============

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎京都府中央会からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)就労・奨学金返済一体型支援事業補助金のご案内
   ~従業員の奨学金返済支援を行う中小企業を応援します~

 京都府中小企業団体中央会では、中小企業の人材確保と従業員の定着及び若
者の負担軽減を図るため、京都府の支援を受け、従業員の奨学金返済支援を行
う中小企業を応援する制度を創設しました。ぜひ、御活用ください!!

■補助対象者
 京都府内に事業所のある従業員への奨学金返済支援制度を設けている中小企
 業等
(中小企業基本法に定める中小企業者、特定非営利活動法人、社会福祉法人等)

■支援対象者
 上記企業に勤め、次の要件を全て満たす者(年齢制限なし)
  ① 正社員であること
  ② 企業就職後6年以内であること
  ③ 受給した奨学金を返済中であること
  ④ 府内に居住し、府内事業所に勤務していること

■補助期間
 対象者1人につき最大6年間

■補助金額
 企業負担額の1/2以内(年間奨学金返済額の1万円を超える部分の1/2
 以内)
→就職後1~3年目:上限9万円/人・年、4~6年目:上限6万円/人・年

■申請受付
 平成31年2月28日(木)まで

■申請方法
 本会HPより申請書類をダウンロードし、添付書類を添えて、本会まで持参
 又は郵送(書留又は特定記録郵便に限ります。)にてご提出下さい。
 http://www.chuokai-kyoto.or.jp/guide/josei/cat2/post-66.html

■申請先(問い合わせ先)
 京都府中小企業団体中央会
 〒615-0042 京都市右京区西院東中水町17京都府中小企業会館4階
  TEL 075-314-7132/FAX 075-314-7130
  受付時間 月曜~金曜(祝日、年末年始を除く)
       9:00~12:00、13:00~17:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎中小企業団体情報連絡員報告(平成30年7月度)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(2)京都府の景況 ~今後の動向に注視が必要~

 府北部では7月豪雨による浸水被害、鉄道や道路の遮断による物流への影響
等、大きな被害が出た。また、連日の猛暑が家電小売業では好影響となってい
るものの、商店街では人通りが減る等の影響を受けた。今後の動向に注視が必
要である。

┏───┓
│製造業│
┗───┛
・繊維工業  =丹後のテキスタイル全般を国内外へブランディングする新ロ
        ゴマークの発表会を東京で開催。運用面の詳細はまだ決定し
        ていないが、丹後のテキスタイルを世界へ向けて発信する機
        運がこれまで以上に高まっていくと思われる。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・出版、印刷 =依然として厳しい経営環境下におかれている。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・鉄鋼、金属 =7月度の景況は6月度よりやや減退している。6月の地震に
        続き7月の豪雨による災害の影響で部品が遅れたり、生産が
        停止したためと思われる。一部で材料費が高騰しつつあると
        の情報があり、今後の動きが気になるところである。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・一般機械等 =設備投資に係る見積もり照会並びに受注が増加の傾向を示し
        ている。高負荷が継続しているが、人材確保が困難な状況の
        なか正常な生産体制の確立に課題を残し、納期対応不備に起
        因する逸注の増加を危惧する。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・その他製造業=プラスチック製品製造業では、自動車関連部品は堅調で電装
        化が進む電子部品も拡大傾向にあるが、一部の家電部品、照
        明器具部品は減速、鈍化気味となった。

┏────┓
│非製造業│
┗────┛
・卸売業   =繊維・衣服等卸売業では、恒常的な販売不振に加え、災害や
        天候不順などの外的要因が追い打ちをかけ苦況が続いている。
        原料生糸の高騰分を商品価格に反映できず収益性が悪化して
        いる。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・小売業   =燃料小売業では、西日本豪雨により組合員の福知山地区で4、
        宮津地区で2、計6サービスステーションが冠水被害を受け
        休業を余儀なくされた。一方、猛暑日と夏休みが重なって需
        要は回復基調となったが、台風12号の影響もあり減販となっ
        た。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・商店街   =今月は祇園祭の月でもあり相当観光客の増加が多かったが、
        あまりの暑さが影響して人の出は期待するほどでもなかった
        ように思われる。大雨と酷暑のダブルパンチで観光客以外の
        お客さんはかなり減っているようだ。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・サービス業 =旅館・ホテル業では、外国人の宿泊が若干減少のところがあ
        るようで、大阪府北部地震の影響と思われる。豪雨では台風
        時と同様の取消客が出た。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・建設業   =6月18日に発生した大阪府北部地震後、7月に入り復旧・
        修復工事が増え、更には慢性化してきた技術者・技能者不足
        により、各業界とも対応・対策に困っている状況かと思われ
        る。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
・運輸、倉庫業=道路貨物運送業では、災害による交通網が異常となり混乱が
        発生。大手業者では九州行貨物の引受停止もあった。人手不
        足による状況では正常化までに時間がかかる。事務職員も現
        場に出る等、収拾に最大限の努力をした。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎関係機関等からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(3)「京都商店街創生フォーラム2018」の開催について
    -商店街の新たな動きを知り、商店街をテーマにつながる機会-
                               《京都府》

 京都府内には約300もの商店街があります。ただその大半が店主の高齢化
や顧客減少、事務局機能や経済基盤の脆弱化などの課題を抱え、活性化に向け
た一歩を踏み出せずにいます。
 今回、初開催となる本企画では、京都内外の新たな動きを知り、商店街同士
や商店街と若者や事業者がつながることで、その一歩へのヒントを掴んでいた
だくことと、商店街の在り方を考える機会になればと考えております。
 商店街関係者だけではなく、地域づくりや商店街活性化に関心のある方等、
どなたでもご参加いただけます。みなさまのご参加をおまちしております。

■日時 平成30年9月5日(水)14:30~17:30(受付 14:00~)

■場所 メルパルク京都 6階 会議室C

■内容
 第1部:基調講演「宮崎県日南市・油津商店街の再生からみる地方創生の新
          しいかたち」
  講師 木藤亮太氏
     (株式会社ホーホゥ代表取締役、
      元日南市テナントミックスサポートマネージャー)

 第2部:トークセッション「京都で頑張る商店街からみる活性化のヒント」
  
  地域連携や組織改革、事業づくりなど新たな動きをスタートしている三つ
 の商店街の方々をゲストに迎え、その現状やこれからについてお話をお伺い
 します。

   小長谷建氏(くすぐるカード会会長(与謝野町)
  鈴木淳之氏(古川町商店街副理事長(京都市)、白川まちづくり会社副社長)
  林定信氏 (セブン商店会会長(長岡京市))

 第3部:ネットワークセッション
     「若者・事業者によるプレゼンテーションや活動報告」

  商店街と連携してイベント企画やサービス展開をしていたり、今後事業づ
くりができそうな若者や事業者によるプレゼンと参加者同士が交わる仕掛け
 を考えています。
  当日はこの場から新たな取組がはじまることを楽しみにしています。

■定員 200名(事前申込優先/先着順)

■申込方法
  9月3日(月)17時までに、電話またはファックス、電子メールにより、
 必要事項(お名前、ご職業(所属)、ご連絡先、ご住所)をお伝えください。
  メールの場合は件名に「京都商店街創生フォーラム2018」とご記入く
 ださい。

 【申込先】京都府府民総合案内・相談センター
      TEL :075-411-5000(平日9:00~17:00)
      FAX :075-411-5001
      MAIL:411-5000@pref.kyoto.lg.jp

 ※詳細は以下サイトをご覧下さい。
  http://syoutengai-c.com/topics-article/event_180905_01/
 
-----------------------------------------------------------------------

(4)「京商フューチャーセッション 第1回 スタートアップ」
   の開催について                 《京都商工会議所》

 京都商工会議所では、さらなる成長を目指すベンチャー起業家(小規模事業
者)向けに、テーマ分野で活躍している起業家等による講演とグループワーク
で交流を深めながら新たな知恵やビジネスの創出を図ります。第1回のテーマ
は「スタートアップ ~成功のポイントはどこにあるのか?~」です。

■日時:平成30年9月8日(土)13:30~16:30

■場所:京都商工会議所 3階 役員室  

■講師:(株)クエステトラ 代表執行役CEO 今村 元一 氏
(株)Next Keyman 代表取締役 日淺 二郎 氏
   
■定員:50名

■参加費:無料

■お問合せ先:京都商工会議所 中小企業経営支援センター 
       創業・事業承継推進室
      (TEL:075-212-6435)     

■申込・詳細は以下サイトをご覧下さい
 https://www.kyo.or.jp/kyoto/ac/event_110152.html

-----------------------------------------------------------------------

(5)「第10回知恵ビジネスプランコンテスト」公募要項公開のお知らせ
    ~ 知恵をカタチに 顧客創造! ~       《京都商工会議所》

 自社の強みや知恵を活かすことで顧客に新たな価値を提供しようとするビジ
ネスプランを公募します。認定企業には、国・京都府・京都市等の支援施策の
活用や専門家との連携を図りながら、きめ細やかなハンズオン支援を実施しま
す。

■募集期間:平成30年9月18日(火)~10月18日(木)17時必着
  
■公募対象:京都の特性や企業独自の強みを活かしながら、新たな知恵によっ
      てオリジナルのビジネスモデルや技術、商品・サービスを開発し、
      "顧客創造"を実現するビジネスプラン。

■応募資格:京都府内に活動拠点を置き、京都商工会議所の経営支援を通じて、
      認定プランの実行・実現が見込まれる中小企業者(法人・個人事
      業者)

■審査基準:知恵の使いどころが巧み(独自性、優位性等)
      知恵の使いどころが与えるインパクト(顧客創造力等)
      知恵ビジネスの実現性(成長性、必要な経営資源等)

■認定特典:「経営支援員×専門家」のハンズオン支援
       経営戦略・マーケティング/広報・プロモート/
       マッチング/資金・補助金申請支援/対外的評価の向上等

■詳細・応募方法:下記URLをご参照ください。
         http://www.kyo.or.jp/chie/contest/

■主催、問合せ:京都商工会議所 中小企業経営支援センター 
        知恵産業推進室 担当:田村・金村・竹路・細川
        tel:075-212-6470

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

  ※このメールマガジンは、お申し込み頂いた方にお届けしています。
   配信の停止を希望される方やメールアドレスの変更は、お手数ですが
   下記アドレス宛にメールにてご連絡下さいますようお願いします。


 発行:京都府中小企業団体中央会 総務情報課
    TEL  075-314-7131  FAX  075-314-7130
    URL  http://www.chuokai-kyoto.or.jp
    MAIL soumu@chuokai-kyoto.or.jp           
         
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇